ヤセ菌を増やして太りにくい腸内環境を!

今までいろんなダイエットに挑戦してきたけれど、なかなか痩せない!
痩せても、すぐにリバウンドして元の体型に戻ってしまうという方。

あるいは、自分はそれ程大食漢ではないのに、簡単に太ってしまう。なのに、大食漢の友人は太らない。なぜ?

同じように食べているのに「ぽっちゃりさん」と「ほっそりさん」がいるのは何故?
その差って何なのでしょう?

それは、腸内環境の違いにあったのです。

 

デブ菌とヤセ菌

「ぽっちゃりさん」の腸と「ほっそりさん」の腸の中を比べてみましょう。

ぽっちゃりさんの腸には、「デブ菌」と呼ばれる菌が、
ほっそりさんの腸には、「ヤセ菌」と呼ばれる菌が

多いことが最近分かってきました。

では、「デブ菌」と「ヤセ菌」の差ってなんでしょう。

デブ菌:食べ物からしつこくエネルギーを摂りたて腸から吸収させる働きを持つ菌
ヤセ菌:食べ物からしつこくエネルギーを摂りたてるようなことはしない菌

 

短鎖脂肪酸とは?

ここでもう一つのキーワードである「短鎖脂肪酸」について説明しておきます。

脂肪細胞は、血液中に流れてきた栄養をどんどん脂肪として溜め込む働きがあります。その結果、余分な脂肪までも溜め込み過ぎると肥満となってしまいます。

そのような脂肪の暴走を食い止めてくれるのが、「短鎖脂肪酸」。

食べても太りにくい人というのは、この「短鎖脂肪酸」の関わりが大きいと言われています。同時にこの短鎖脂肪酸は、基礎代謝を上げる働きもあるので、結果的に消費カロリーが増え、太りやすい体質を改善する働きもあると言われています。

ヤセ菌は、食べた物をエサにしてこの短鎖脂肪酸を作り出しますが、デブ菌にはその機能がなく、脂肪が吸収されやすくなります。

 

善玉菌と悪玉菌

では、太りにくい理想のボディを作る近道は何か?

  • 腸内環境を整える(善玉菌優勢の腸内環境を作り、ヤセ菌の勢力を高める)
  • ヤセ菌(ビフィズス菌やバクテロイデス)を増やす(ヤセ菌とデブ菌はトレードオフの関係にあり、デブ菌が増えればヤセ菌が減り、ヤセ菌が増えればデブ菌は減る)

ことです。

まず、ビフィズス菌や乳酸菌などの「善玉菌」を定期的に摂取して、善玉菌優勢の腸内環境を作っていきます。

理想的な腸内環境は、

  • 善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌):20%
  • 日和見菌(多勢に参加する菌):70%
  • 悪玉菌(大腸菌やウェルシュ菌ブドウ球菌など):10%

の腸内環境を作ること。

日和見菌は、善玉菌悪玉菌の優勢な方の味方をしますので、善玉菌が働きを強めれば日和見菌はいっせいによい働きを始め、悪玉菌が増えると腸内で悪さを始めてしまいます。
腸内環境を整えることも、太りにくい体質を作る上で重要です。

こうして善玉菌を増やす環境が整っていけば、ヤセ菌の勢力を高め良い働きをしてくれることにつながっていきます。

また、同時にビフィズス菌や乳酸菌のエサとなる「オリゴ糖」や水溶性の食物繊維も一緒に摂ることで、効率よく「ヤセ菌」を増やすことが出来ます。

このように、太りにくい腸内環境を整えていくには、

  • ビフィズス菌や乳酸菌等を含む食べ物を摂取して善玉菌を増やす。
  • このような菌のエサとなるオリゴ糖や水溶性の食物繊維などを摂取する。

ただ、善玉菌は腸内細菌の2~3割あれば充分で、量よりも腸内に住み着く善玉菌の種類が豊富な方が健康効果が高いとも言われています。発酵食品を摂るのであれば、色々な種類の発酵食品を摂るのもポイントです。

 

デブ菌を減らしヤセ菌を増やすには

では、具体的にどのような食べ物を摂取すれば、デブ菌を減らしヤセ菌を増やせるのでしょうか?

  • ヨーグルトやチーズなどの動物性発酵食品、納豆や漬け物などの植物性発酵食品。
  • 水溶性の食物繊維を多く含む「大麦」「海藻」など。
  • オリゴ糖。オリゴ糖は、シロップ以外にも、玉ねぎ、ごぼう、バナナ、大豆、アスパラガスなどに多く含まれる。その他、豆腐、豆乳、納豆、味噌など

このような食べ物を毎日、バランスよく摂取していけば、自然と腸内環境はヤセ優勢の環境になっていきます!

でも、よーく考えてみてください。

このような食べ物をバランスよく摂取していくなんて、考えただけでも大変だと思いませんか?

 

中には、納豆は苦手、ヨーグルトは苦手、という方もいますよね。

もっと簡単に「ヤセ菌を増やしてデブ菌を減らす」方法は、無いのでしょうか?

そこでオススメしたいのが、「ビオフル(BIOFULL)」という訳です。

既に上記で説明していますが、ビオフルをおすすめする理由は、

  • 短鎖脂肪酸を産生する生きた酢酸菌を1袋あたり6億個も配合
  • ダイエットサポート菌が、1袋あたり350億個も!
  • 善玉菌悪玉菌にアプローチ

だからなんですね!

 

>> ビオフルの公式サイトへ!

 

情報

Posted by biobio